社会福祉科(昼間課程)|現場実習

  • 基本情報
  • カリキュラム
  • 現場実習
  • 活躍の場&就職実績
  • 入学者データ

現場を経験することで、はじめてわかることがあります。

1~2カ所の指定施設・機関で、年間180時間(23日)以上行います。
例えば、児童養護施設では虐待を受けた子どもの生活を、特別養護老人ホームでは介護を必要とする高齢者の生活を理解することで、実践力を身につけます。事前指導や実習中の巡回指導、実習後の指導まで、担当教員が一貫して丁寧に行います。実習先は学生の希望を最優先します。職員の方々からだけでなく、利用者一人ひとりから学ぶ姿勢を大切にしています。

実習期間

現場体験実習 [高齢者施設・障がい者施設]
4月(各1日間)
自主実習 [学生の興味関心に合わせて]
随時(1日間以上)
相談援助実習
7~8月(23日間)

平成28年度

写真:実習風景

実習内容

1週目 施設利用者の顔と名前を覚えよう。
1日の流れや利用者一人ひとりの顔と名前を覚えます。資料からだけでなく、利用者の生活に寄り添い、コミュニケーションを図りながら覚えます。利用者に自分を覚えてもらう期間でもあります。
2週目 積極的に自分から話しかけよう。
利用者の人となりや生活を少しずつ理解し、自然に会話を。関わり方の難しい利用者も先輩職員のやり方を参考に積極的に関わりましょう。先輩と自分の違いを通じ、仕事を理解します。
3週目 利用者の課題を発見し、援助を意識しよう。
これまでの人間関係から一歩踏み込んで、「利用者への援助」を意識し、新しい関わり方を模索します。利用者の抱える課題を発見することも大切です。
4週目 心のこもった援助に取り組もう。
目の前の利用者の現状だけでなく、生活背景や心の内側にも思いをめぐらせ、理解を深めます。その上で実際の援助を試みます。職員からアドバイスを受けながら個別支援計画を立てます。

体験レポート

藤田さん(静岡県)

現場を経験することで、はじめてわかることがあります

はじめは、利用者の本音を知らなければ、という思いだけが先走り、質問ばかりぶつけたり、うまく聞き出せず、ただ会話をしているだけでした。そんな中、ある利用者の方が私の名前をフルネームで覚え、「元気かー!」と普通に声を掛けてくださいました。そこから私も自然体で会話をすることができるようになりました。一人でがむしゃらに動かず、スタッフと協力し、その時の状況に自然体で柔軟に対応することの重要さを実感できました。

写真:高田さん

実習先一覧(抜粋、順不同)

愛知県

  • 赤岩荘地域包括支援センター
  • オーネスト熱田の杜
  • 形原眺海園
  • 五条の里
  • サンヴェール尾張旭
  • たけのこ作業所
  • 日中支援ジョイ
  • ひがしうらの家
  • 藤花荘
  • メイツ
  • 障害福祉サービス事業所 明日香
  • オーネスト桃花林
  • かにえワークス
  • 五条川リハビリテーション病院
  • ジョイフルむつみ
  • 豊明市北部地域包括支援センター
  • パスピ・98
  • ひかりのさとファーム
  • 碧南市みどり在宅介護支援センター
  • 悠々の里
  • 梅ヶ丘学園
  • かしの木の里
  • 光寿会リハビリテーション病院
  • サマリアハウス
  • 社協障がい者デイセンター
  • 西尾クリニック
  • はまなす
  • ひかりの丘
  • べにしだの家
  • 重度障害者活動拠点「1980夢」

岐阜県

  • 岐阜県立陽光園
  • 関市社会福祉協議会
  • 岐阜老人ホーム
  • 社会就労センターけやき

三重県

  • あしたば作業所
  • 介護老人保健施設ちゅうぶ
  • わかたけ荻の里
  • 基本情報
  • カリキュラム
  • 現場実習
  • 活躍の場&就職実績
  • 入学者データ
  • 資料請求 郵送でお届けします
  • みんなでオープンキャンパスへGO!! 詳しくはこちら

このページの先頭へ