学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
柔道整復科(3年制)
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年4月23日()  
  • 2017年5月14日()  
  • 2017年5月21日()  
  • 2017年6月4日()  
  • 2017年6月18日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
柔道整復科

独立開業も夢じゃない。
スポーツ界からも熱い注目。

柔道整復は骨折など身体の損傷に対して、手技を使って回復へと導く治療術です。 患者さんへの負担が少なく、人間が本来持っている、自然治癒力を使い治療します。

DATA
コース 3年課程 午前コース(9:20~12:30)
3年課程 全日コース(9:20~15:00)
対象 高卒以上対象 計60名
学費 入学金20万円 年間学費120万円

※学費以外に教科書代などの諸経費が必要となります。

3つの魅力
ポイント1 ポイント2 ポイント3

※1 2015度実績。全国平均64.4%

スポーツジムを新設!
スポーツジム 本学科では柔道整復師に加え「NSCAパーソナルトレーナー」の資格取得が目指せますが、2016年10月に付属スポーツジムをオープン!
プロスポーツ選手のトレーニングに対応した設備を備え、さらに実践的な学びの環境を提供します。
 
▼スポーツジムの紹介動画はこちら▼
東海なら目的に合わせてコースを選べる!
国家資格の取得に集中
午前コース(9:20~12:30)
柔道整復師養成集中コースともいうべきコース。午前中に集中して授業を行い、3年間で国家資格取得を目指します。
様々なライフスタイルに合わせることができ、社会人として働きながらの就学も可能です。
スポーツ分野での活躍できるスキルが身につく
全日コース(9:20~15:00)
柔道整復師になるために必要な科目を加えて、パーソナルトレーニング、スポーツトレーナー実習、画像診断などを学べます。
接骨院を開業しながら、スポーツ分野でも活躍できるスキルを身につけます。
週間スケジュール
 
9:20~10:50 基礎柔道整復学ⅠA 生理学Ⅰ 基礎実技Ⅰ 生物学 基礎柔道整復学ⅠC
11:00~12:30 解剖学Ⅰ 生理学 基礎柔道整復学ⅠB 臨床柔道整復学ⅠA 英語
全日コースなら午後から+αの授業が受けられます。
13:30~15:00 パーソナルトレーニング ストレングス&
コンディショニング
ウォーミングアップ柔道 スポーツトレーナー実習 臨床実習
授業科目紹介
基礎・臨床柔道整復学 基礎・臨床柔道整復学
柔道整復師としての必要な知識から実技、最新の画送診断まで、すべてを学びます。1年次から国家試験を意識した環境を整えています。
パーソナルトレーニング パーソナルトレーニング
クライアントの健康状態や体力に応じたトレーニング指導を行うために必要な医学的、運動生理学的な知識やトレーニングの指導技術を学べます。
全国平均を上回る合格実績(過去5年の平均)
柔道整復師国家試験
本校 89.4% 全国 71.2%

※2010年度~2014年度の平均

就職実績
接骨院、接骨院(独立開業・勤務)、整形外科、スポーツ医療(プロ・アマ・学校・地域)
求人件数202 求人432 求人倍率8.8

※2014年度の実績

教員の声
鬼頭宏先生
様々な年齢の学生が集い、学び、国家試験資格取得を目指します。
高校の卒業生から社会人まで幅広い年齢層の学生が集います。それぞれのライフスタイルに合わせ、午前コース・全日コースが選べます。国家試験対策講座、社会人向けの履修科目免除なども用意しています。

臨床柔道整復学Ⅱ 鬼頭 宏先生

在校生の声
在校生の声
受験資格
次のいずれかに該当する方
 1.高等学校を卒業した方および、卒業見込みの方
 2.12年の学校教育を修了した方および、修了見込みの方
 3.高等学校卒業程度認定試験(大学入学資格検定)に合格された方および、合格見込みの方
学費

● 入学金:200,000円
● 初年度の学費:1,200,000円

※学費以外に教材費など12万円程度が必要となります。
※2年生、3年生の学費は授業料、施設設備費、実習費の計1,200,000円です。

学費の詳細はこちら

● 充実した奨学金制度でバックアップ

単親世帯の方を対象としたひとり親家庭奨学金、医療・福祉関係の有資格者を対象とした有資格者奨学金など、独自の奨学金でみなさんの学びをバックアップ。

奨学金制度の詳細はこちら

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

柔道整復科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ

独立開業も夢じゃない。 スポーツ界からも熱い注目。

柔道整復は骨折など身体の損傷に対して、手技を使って回復へと導く治療術です。 患者さんへの負担が少なく、人間が本来持っている、自然治癒力を使い治療します。

柔道整復師

DATA

コース 3年課程
午前コース(9:20~12:30)
3年課程
全日コース(9:20~15:00)
対象 高卒以上対象
計60名
学費 入学金20万円
年間学費120万円

※学費以外に教科書代などの諸経費が必要なります。

3つの魅力

ポイント1

NSCAパーソナルトレーナーの資格取得をサポートしており、手技による治療のできるスポーツトレーナーも目指せます。

ポイント2

ライフスタイルに合わせて選べる全日または午前の2コースを用意。高校新卒者から働く社会人の方まで幅広く学べます。

ポイント3

過去の国家試験データを解析、3年次には模擬試験の結果から苦手分野を見つけ出し、補習で底上げを行います。

※1 2015年度実績。全国平均64.4%

スポーツジムを新設!

スポーツジム

本学科では柔道整復師に加え「NSCAパーソナルトレーナー」の資格取得が目指せますが、2016年10月に付属スポーツジムをオープン!
プロスポーツ選手のトレーニングに対応した設備を備え、さらに実践的な学びの環境を提供します。

目的に合わせてコースを選べる!

国家資格の取得に集中
午前コース(9:20~12:30)

柔道整復師養成集中コースともいうべきコース。午前中に集中して授業を行い、3年間で国家資格取得を目指します。
様々なライフスタイルに合わせることができ、社会人として働きながらの就学も可能です。

スポーツ分野での活躍も
全日コース(9:20~15:00)

柔道整復師になるために必要な科目を加えて、パーソナルトレーニング、スポーツトレーナー実習、画像診断などを学べます。
接骨院を開業しながら、スポーツ分野でも活躍できるスキルを身につけます。

週間スケジュール

  9:20~10:50 11:00~12:30 全日コースなら午後から+αの授業が受けられます 13:30~15:00
基礎柔道整復学ⅠA 解剖学Ⅰ パーソナルトレーニング
生理学Ⅰ 生理学Ⅱ ストレングス&コンディショニング
基礎実技Ⅰ 基礎柔道整復学ⅠB ウォーミングアップ柔道
生物学 臨床柔道整復学ⅠA スポーツトレーナー実習
基礎柔道整復学ⅠC 英語 臨床実習

授業科目紹介

基礎・臨床柔道整復学

柔道整復師として必要な知識から実技、最新の画送診断まで、すべてを学びます。1年次から国家試験を意識した環境を整えています。

基礎・臨床柔道整復学
パーソナルトレーニング

クライアントの健康状態や体力に応じたトレーニング指導を行うために必要な医学的、運動生理学的な知識やトレーニングの指導技術を学べます。

パーソナルトレーニング

国家試験実績(過去5年の平均)

柔道整復科

本校 89.4% 全国 71.2%

※2010年度~2014年度の平均

就職実績

接骨院、接骨院(独立開業・勤務)、整形外科、スポーツ医療(プロ・アマ・学校・地域)

求人件数202

求人432

求人倍率8.8

※2014年度の実績

教員の声

鬼頭宏先生
様々な年齢の学生が集い、学び、国家試験資格取得を目指します。
高校の卒業生から社会人まで幅広い年齢層の学生が集います。それぞれのライフスタイルに合わせ、午前コース・全日コースが選べます。国家試験対策講座、社会人向けの履修科目免除なども用意しています。
臨床柔道整復学Ⅱ 鬼頭 宏先生

在学生の声

柔道整復科 佐々木さん 柔道整復科 丸山さん

受験資格

次のいずれかに該当する方
  1. 高等学校を卒業した方および、卒業見込みの方
  2. 12年の学校教育を修了した方および、修了見込みの方。
  3. 高等学校卒業程度認定試験(大学入学資格取得検定)に合格された方および、合格見込みの方

学費

●入学金:200,000円
●初年度の学費:1,200,000円

  • ※学費以外に教材費など12万円程度が必要になります。
    ※2年生、3年生の学費は授業料、施設設備費、実習費の計1,200,000円です。
  • 学費の詳細はこちら

●充実した支援制度でバックアップします。

  • 単親世帯の方を対象としたひとり親家庭奨学金、医療・福祉関係の有資格者を対象とした有資格者奨学金など、独自の奨学金でみなさんの学びをバックアップ。
  • 奨学金制度の詳細はこちら

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ