学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
理学療法科
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2018年7月21日()  
  • 2018年7月22日()  
  • 2018年8月5日()  
  • 2018年8月23日(木)  
  • 2018年8月26日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
担任紹介
小川祐太先生

小川 祐太 先生

担当学年:1年生(A組)
担当科目:理学療法評価学Ⅱ・運動療法学

プロ意識

理学療法士は、医療・福祉・介護分野だけでなく、職域を広げており、求められている領域は増えています。また、カラダを機能的に診るプロフェッショナルである理学療法士は、専門性の高い知識や技術を求められています。より専門性の高い、人としてバランスのとれた、求められる理学療法士を目指し、熱意を持って共に頑張りましょう!

青木浩代先生

青木 浩代 先生

担当学年:1年生(B組)
担当科目:リハビリテーション医学、理学療法技術論Ⅰ

理学療法士は患者の傍にこそ…

病院に入院中の患者さんがどの職種と触れ合う時間が長いと思いますか?一番はもちろん看護師さんです。次に長く触れ合うのは実は理学療法士だと思います。お医者さんよりも長く患者さんに触れ合うことができる理学療法士の役割はとても大きいと思います。病気やケガで思い悩む患者さんに寄り添い力になるために本学で過ごす時間全てを有意義なものにしていきましょう!!

小出悠介先生

小出 悠介 先生

担当学年:2年生(A組)
担当科目:日常生活活動学Ⅰ・Ⅱ、理学療法評価演習、理学療法研究法

貴方のやる気を全力サポート!

理学療法士の養成校で学ぶものは、やったことも見たこともない専門分野の勉強となります。私たち教員は、「学生の目線で分かり易く」をモットーとし、日々の講義に取り組むことを心がけております。さらに、講義以外にもセミナーや特別講義、国家試験対策など理学療法士に必要な実践力も養います。当校は貴方の理学療法士に「なりたい!」という気持ちを全力でサポートいたします。一緒にがんばりましょう。

櫻井泰弘先生

櫻井 泰弘 先生

担当学年:2年生(B組)
担当科目:運動学、地域理学療法学、理学療法評価演習

思いやりを持った理学療法士を目指そう!!

理学療法士の仕事は、患者さんや利用者さんとのコミュニケーションがとても大切です。コミュニケーションをとるには、相手のことを思いやる心が大切です。知識、技術も必要ですが、この思いやりの心が少しでも成長出来るように、学校生活ではみんなで協力しあえる環境作りを心がけています。  理学療法士になるためには、国家試験合格が必要となります。教員一同、全力でサポートしますので、3年間一緒に頑張っていきましょう。

辻智之先生

辻 智之 先生

担当学年:3年生(A組)
担当科目:理学療法評価学Ⅰ、理学療法技術論Ⅱ

心からの「ありがとう」を

 「人の気持ちがわかる」ことはとても難しいと思います。自分自身、事故に遭い体が動かなくなる経験をしました。手術をしリハビリを行いました。
 あの辛かった時に支えてくれた理学療法士の方には今でも感謝の心が絶えません。まさに人の生活を支える仕事だと思います。皆さんは心から感謝されたことがありますか?
 そんな経験を元に、人の痛みがわかる理学療法士になれるように学校生活を支えさせて頂きます!

大橋有加先生

大橋 有加 先生

担当学年:3年生(B組)
担当科目:理学療法技術論Ⅷ、理学療法評価演習

接する方々への温和丁寧

 私は、学生さんに学校生活を通して知識を学ぶだけでなく、理学療法士が人に接する仕事だということを常に意識してもらえるように心がけています。なぜなら、病気や障がいのリハビリをするだけではなく、患者さんの気持ちに配慮できるセラピストになって欲しいからです。
 穏やかに優しい「温和」と注意深く心が行き届く「丁寧」を基本として、みなさんが楽しい学校生活を送り、目標とする理学療法士になれるようにサポートしていきます!

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

担任紹介

小川祐太先生

小川 祐太 先生

【担当学年】
3年(B組)

【担当科目】
理学療法評価学Ⅱ、運動療法学

すべては笑顔のために

 私は、笑顔が大好きです!
 理学療法士は、人を笑顔にすることができる魅力ある仕事です。人と人との繋がりをとても大切にしており、患者さんはもちろんのこと、患者さんのご家族、医療スタッフなど様々な人と関わることになります。繋がりを作るためには、相手の心を考えて行動しなければなりません。知識や技術は大切ですが、1番大切なことは思いやりの心だと思っています。笑顔や思いやりの心が自然と生まれてくるよう、学校生活でもたくさん笑って、たくさん協力し合って、楽しい学生生活が送れるよう、教員一同も笑顔でサポートしていきます。
 さらに、理学療法士になるためには国家試験の合格が必須となります。学校生活の最後に最高の笑顔がみられるように、みなさん一丸となって頑張っていきましょう!

青木浩代先生

青木浩代 先生

【担当学年】
1年生(B組)

【担当科目】
リハビリテーション医学、理学療法技術論Ⅰ

理学療法士は患者の傍にこそ…

病院に入院中の患者さんがどの職種と触れ合う時間が長いと思いますか?一番はもちろん看護師さんです。次に長く触れ合うのは実は理学療法士だと思います。お医者さんよりも長く患者さんに触れ合うことができる理学療法士の役割はとても大きいと思います。病気やケガで思い悩む患者さんに寄り添い力になるために本学で過ごす時間全てを有意義なものにしていきましょう!!

小出悠介先生

小出 悠介 先生

【担当学年】
2年生(A組)

【担当科目】
日常生活活動学Ⅰ・Ⅱ、理学療法評価演習、理学療法研究法

貴方のやる気を全力サポート!

理学療法士の養成校で学ぶものは、やったことも見たこともない専門分野の勉強となります。私たち教員は、「学生の目線で分かり易く」をモットーとし、日々の講義に取り組むことを心がけております。さらに、講義以外にもセミナーや特別講義、国家試験対策など理学療法士に必要な実践力も養います。当校は貴方の理学療法士に「なりたい!」という気持ちを全力でサポートいたします。一緒にがんばりましょう。

櫻井泰弘先生

櫻井 泰弘 先生

【担当学年】
2年生(B組)

【担当科目】
運動学、地域理学療法学、理学療法評価演習

思いやりを持った理学療法士を目指そう!!

理学療法士の仕事は、患者さんや利用者さんとのコミュニケーションがとても大切です。コミュニケーションをとるには、相手のことを思いやる心が大切です。知識、技術も必要ですが、この思いやりの心が少しでも成長出来るように、学校生活ではみんなで協力しあえる環境作りを心がけています。  理学療法士になるためには、国家試験合格が必要となります。教員一同、全力でサポートしますので、3年間一緒に頑張っていきましょう。

辻智之先生

辻智之 先生

【担当学年】
3年生(A組)

【担当科目】
理学療法評価学Ⅰ、理学療法技術論Ⅱ

心からの「ありがとう」を

 「人の気持ちがわかる」ことはとても難しいと思います。自分自身、事故に遭い体が動かなくなる経験をしました。手術をしリハビリを行いました。
 あの辛かった時に支えてくれた理学療法士の方には今でも感謝の心が絶えません。まさに人の生活を支える仕事だと思います。皆さんは心から感謝されたことがありますか?
 そんな経験を元に、人の痛みがわかる理学療法士になれるように学校生活を支えさせて頂きます!

大橋有加先生

大橋 有加 先生

【担当学年】
3年(B組)

【担当科目】
理学療法技術論Ⅷ、理学療法評価演習

接する方々への温和丁寧

 私は、学生さんに学校生活を通して知識を学ぶだけでなく、理学療法士が人に接する仕事だということを常に意識してもらえるように心がけています。
 なぜなら、病気や障がいのリハビリをするだけではなく、患者さんの気持ちに配慮できるセラピストになって欲しいからです。
穏やかに優しい「温和」と注意深く心が行き届く「丁寧」を基本として、みなさんが楽しい学校生活を送り、目標とする理学療法士になれるようにサポートしていきます!

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ